また犬に手を噛まれた 

仕事が終わり帰宅後、雨の降る中飼い犬の散歩に行ってきました。犬がいつもどおりの場所で排泄を行い、私がそれを処理した後にリードを引くとなんだか軽い・・・見ると首輪がスッポリと抜けていました。

上の文章は4年4ヶ月前に書いたブログ記事。今日再び同じ事態が発生してしまいました。

今回の記事では、以後グロな表現がなんとな~く含まれているかもしれませんのでご注意ください。

やはり手を噛まれてしまいました。今回は左手の人差し指です。血がかなりの量流れていて、傷口を見ると深くえぐれたような感じで、もしかしたら指先が取れるんじゃないかと思っていました。

急いで病院へ行き受付で症状を伝えます。その時焦っていたのか「手に犬を噛まれました」と言ってみたり。自分では落ち着いていたつもりだけど怖かったのかな。

数分待たされて治療室へ。看護師さんと青い服を着た救急担当らしき医師の3名がいました。どんな治療をするのか、また、破傷風など感染症についての説明を受けます。治療方法としては指をよく洗浄し縫合することに。

まず指の根元に麻酔を注射されました。もうオッサンなので(?)こんな注射も痛くはないですね。次に洗浄台へ行って指を洗ってもらいますが・・・洗っている様子は怖くて見れなかったですね。水と一緒に流れていく血だけが目に入ってきました。

診察台へ戻り横になり、右手首付近に点滴を打たれます。目を閉じているといつの間にやら白衣を着た先生登場。さらにもう一人別の先生も現れ大人数に囲まれている感じ。

先生や看護師の会話を聞いていたのですが、笑い話を交えながら治療してくれたのでちょっとした安心感がありました。しかし、「指から出血したくらいで失血死はしないっ!」や「血が止まってないけど適当に縫っておけば大丈夫だよ」な言葉には不安が・・・w

白衣の先生が指に何かをしながら「痛くない?」と聞いてきて「大丈夫です」と返答すると、ピンセットを見せながら「コレで傷口を引っ張っていたけど麻酔が効いている証拠だね」とサラッっと言ってくれたのは気分が引いてしまったけど・・・

診察結果としては指の中に通っている「何か」(よく憶えていない。動脈?)が切れているためになかなか血が止まらないそうで、その部分を器具で焼いたことで流血を防いだそうです。

その後縫合しましたが、これは麻酔しててもちょっとした痛みがありました。

犬に噛まれた
包帯巻かれて指が倍以上の大きさに。しばらくまともに手を使えないため職場に迷惑かけそうです。明日は朝から形成外来へ行ってきます。

記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
うちの犬は・・・ 

我が家の愛犬は、犬小屋から裏庭へワイヤーを張り、そこへカラビナを通して首輪から伸ばしたチェーンを繋ぎ、ある程度自由に動き回れるようにしています。

今朝の出勤時犬小屋付近を見てみると
チェーンの外れたカラビ
カラビナからチェーンが外れてる!犬は小屋付近でおとなしく座っていましたが・・・直前までカラビナを引っ張るガラガラという音で裏庭で動いていたのは確認しています。犬自身はフックを外せないはずなのにどうしてこうなったのか、原因不明・・・?

過去に親がフックを掛け忘れて逃走し探し回ること数え切れず。しかし今回は逃げなかったのです。

フックが外れているのを知っていて逃げなかったお利口さんなのか、それとも外れているのを気づかずに繋がったままの感覚で座っていたおバカちゃんなのか・・・?

記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
階段を下りる子犬の動画 

YouTubeで『Butterball Downstairs』の動画を観る
カワェェなぁ・・・

私の家には小型犬が1匹いますが、子犬の頃は階段を上れても下りることができませんでした。

ある日、私と今は亡き父とで家の1階で大声で喧嘩をしていたところ、2階にいた犬が驚いてキャンキャンと鳴き始めました。そして私たちを心配するかのようにゆっくりと階段を下りてきたのです。

階段を下りてくるのが初めてだったことから見守っていました。1階まで下りてくると「よく頑張ったなぁ~」と褒めてやり、喧嘩のことは忘れてそのまま解散みたいな・・・

我が家の「愛犬はじめての階段物語」でした。


記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
愛犬が心配 

先日我が家で飼っている小型犬が車にはねられてしまいました。母が庭で遊ばせていたところリードが手から離れ、道路へ飛び出してしまい通りかかった車とぶつかりました。

犬は痛そうにしていて、掛かりつけの動物病院へ運びました。母はとても心配するとともに、事故に遭ったのは自分が悪いと責めていました。診察してもらったところ内臓器官の一部数値がとても高くなっているとのこと。骨折の疑いもあるが翌日にレントゲンを撮ることに。先生からは「48時間が山」と告げられました。

その日は入院させ帰宅したのですが、夜は眠りに付けず、翌日の仕事中も心配でなりませんでした。「もしかしたら死んじゃうのでは?安楽死なんてことも・・・」「死ななくても一生歩けなくなったらどうしよう」と、悪いことばかりを考えてしまいました。

翌日母が病院へ行ったところ、自力で立とうとしていて、内臓の数値は依然高いままではあるものの落ち着いてきていました。レントゲンの結果は右後足の脱臼で、治してもすぐに外れるような状態になっていて、足を少し引きずる感じだが徐々に治ってくるかもしれないとのこと。さらにその翌日には自分で動き回れるまで回復し、母も私も一安心しました。

そして昨日、退院の許可が出たため家につれて帰ってきました。数日は内臓の数値を下げるために薬を飲ませます。また、足も完全に治っているワケではないので、階段や高いところへの上り下りをさせないようにしなければいけません。

しばらくの間、犬は不自由になり、いつも以上に世話をやかなければいけなくなりますが、家族の大事な一員が無事に戻ってきてくれたことをとても嬉しく思います。

記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
犬に右手を噛まれた 

仕事が終わり帰宅後、雨の降る中飼い犬の散歩に行ってきました。犬がいつもどおりの場所で排泄を行い、私がそれを処理した後にリードを引くとなんだか軽い・・・見ると首輪がスッポリと抜けていました。

この首輪は、一ヶ月ほど前にそれまで使っていたものが締め付けがきつくなってきたという理由で交換したもの。これまで抜けたことはなかったのだけど、今日は雨のせいで首輪の止め具が緩んでいたのか?

すぐに首輪を装着しなおそうとすると、「ウ~」と唸りその後右手をガブリ!痛ッ! 「痛ぇ~」と思いつつ、落ち着いて装着しました。今までジャレたり他の犬とケンカになった勢いで噛まれたことはありますが、このような状況は初めてです。

噛まれたのは夜で周りに照明が無く、手がどのような状態になっているのかわかりませんでした。家に帰り玄関の照明で照らしてみると、右の手のひらと親指に深い傷、手首に浅めの傷があり血が流れていました。

放置しておいて化膿するといけないので病院へ行ってきました。傷口を消毒し、ガーゼを当て包帯を巻くだけの簡単な処置。しかし、ピンセットのようなものでガーゼを傷口に当ててグリグリされ、ちょっと泣きそうになりました。

犬は亡き父が自分の健康を考え、毎日散歩へ連れていくために飼いだしたもの。今回の出来事はしつけが出来ていないために起こったものと思いますが、二度とこのようにならないよう注意し、可愛がっていこうと思います。

それにしても利き手である右手が使えないのは不便です。このエントリーを書くのもタイピングミスしまくり。マウスは左手で使ってミスクリックの連続。

手は腫れ上がり完治するのに二週間かかるそう。仕事のほうは会社に迷惑かけそうだな・・・

記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
犬に足を噛まれた 

飼い犬を散歩していたところ「ジョン~ッ!(仮名)待って~」と我が家のとは違う犬の名前を呼ぶ声が後ろから聞こえてきました。振り向けば飼い主の手から放れたゴールデンレトリバーと思われる大きな犬がこちらへ走ってきます。そして「ワン、ワン」「ガルル~ッ」と我が家の犬と喧嘩になりました。飼い主の女性が追いついたところでレトリバーのリードを掴み手渡ししました。

女性が「申し訳ありませんでした」と謝ってきて「いえいえ、なんともないですから」と返答した瞬間、勢い余った我が家の犬が私の右足首をガブリ・・・痛ぇ~、血が出てる~!

とりあえずそのまま家に帰ることにしたのですが、悪いことをしたのを分かっているのか、普段行うマーキングもほどほどに時々私の顔を見て申し訳なさそうにしていました。

ジャレついて衣服を噛んでくることはあるのですが、初めて体を噛まれてショックです。

記事を参考にしたり興味を持たれた方は左のペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
Photo Reader
Twitter & Facebook

Facebookページへ
ブログの更新はツイッターフェイスブックページでお知らせしています。Windows8以降のライブタイルにも対応しています。
Recent Comments
Ranking
Information
Recent Entries
Categories
Monthly Archives