アッコにおまかせの初音ミク特集に批判相次ぐ

2007年10月14日に放送されたTBS系「アッコにおまかせ」内での初音ミク特集に批判が相次いでいるようです。
TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に批判相次ぐ別ウィンドウでリンクを開きます (YAHOO!JAPANニュース)

私が「初音ミク」について知ったのはつい最近。名前は聞いたことがあってもそれがどのようなものかは知りませんでした。今月に入りにこにこ動画のアカウントを取りいろいろと動画を検索していたのですが、タイトルに「初音ミク」が入っているものが多いこと。

どのようなものか観てみたら「おぉ~、歌ってる!」ある歌手の曲を初音ミクが歌っていて、その時初めてパソコンで歌声を制作できるソフトだと知りました。歌だけではなくゲームミュージックの演奏を「ラララ~」と歌わせたり、効果音(ミサイル音や爆発音)まで表現させていてとても凄いと思いました。(というか感動しました)

さて、先日の「アッコにおまかせ」の特集コーナーを私も観ていたのですが、初音ミクが紹介されたのはほんの少しで、大半はそれを利用しているあるユーザー自身にカメラが向けられることとなり、今回これが問題になっているようです。

ユーザーが初音ミクを利用して作ったオリジナル曲を演奏。しかしその後は、ユーザーの言動やコスプレ、部屋に貼られていたポスターなどを面白おかしく取り上げていて、「初音ミク」とは関わりの無い内容となっていました。そのため販売元のブログやネット上の掲示板では「ひどい」「オタク叩きだ!」と批判が相次いだようです。

批判を受けたことで次回の「アッコにおまかせ」、和田アキ子さんから何か一言あるのでしょうか?次週(21日)はマラソン中継のため放送が無く、1週分休みとなってしまうので、その間に水に流されてしまうのでしょうか?