ウイルスバスター2009をインストール 

トレンドマイクロ社のセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2009」をインストールしました。新機能として「キー入力暗号化」などが追加されたようですが、ちゃんとパソコンを守ってくれればそれでいいかと・・・

そんなことより私が気になっていたのが、URLフィルタを有効にしておくことでウェブの閲覧先のサーバに与える影響。同機能によりトレンドマイクロサーバが対象となるウェブにアクセス、それによりチャットや掲示板の書き込みが二重になったりアクセスカウンタが余分に回ることをブログに書いてきました。それらの現象が最新版でも見られるかを確認。ウイルスバスター2009をインストールしURLフィルタを有効にしたパソコンから当ブログを閲覧してみたところ、これまでと同じく150.70.84.xxからのアクセスがありました。

URLフィルタ機能を操作した時に表示されるダイアログ(クリックで拡大)
ウイルスバスター2009をインストール
文章冒頭から「~にのみ利用されます。」までは2008までと同じ。その後の「また、本機能を有効に~」は2009で付け加えられたもの。「コモンゲートウェイインターフェースを~(中略)ID、パスワードが含まれた状態で送信~」とあります。つまりCGIにアクセスしパラメーターにID・パスワードが含まれているとトレンドマイクロに送信されてしまうということがソフト上で明示されたのです。私ならこの文章を読んで、大事なパスワードが送信されてしまうことに不安を感じますね。当然CGIの掲示板やチャットなどではコメントも送信されてしまうので、書き込みが二重になってしまいます。

トレンドマイクロはこれからも同じ方法でユーザーを守り、同じ方法でサーバ管理者には迷惑をかけていくようでうね


記事を参考にしたり興味を持たれた方はペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
管理人だけが読める秘密のコメントを投稿したい場合はアイコン下のテキストボックスに入力すると同時に送信されます。
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!


同一カテゴリー「トレンドマイクロ」の最近の記事

このカテゴリーではセキュリティベンダであるトレンドマイクロについての話題を掲載しています

CGIのアプリの作りが悪いのではないですか?

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
トレンドマイクのサポート情報に書かれていますが、CGIからのフォームの送信時にgetメソッドが使用されていると2重書き込みなどの現象が起こる場合があり、postメソッドでは発生しないようです。
getメソッドで送信するスクリプトが多数存在するわけで、私のサイトのカウンタもgetメソッドで処理しているため、1人の訪問者があると2人分のカウントアップが行われてしまいます。
トレンドマイクロにはget・postの別に関係なく、サーバ側に影響の無い処理をしてもらえるように望みます。




 

 

現在の感情は?

 絵文字を使う クリックで絵文字を使用

  • サインインして投稿したコメントは即時公開されますが、サインインしない場合はスパム対策のため一旦保留とし、管理者の承認後に公開されます。
  • 英文のみの投稿やシステムがスパムと判断した内容は公開されません。また、管理者が不適切と判断したものは削除します。
  • タグは使用出来ません。
  • Gravatarによるアバター画像の表示に対応しています。
ブログパーツ
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Monthly Archives
Information
ツイッター
Facebookページへ
ブログの更新はツイッターフェイスブックページでお知らせしています。Windows8以降のライブタイルにも対応しています。
 プロフィールページ
 メールフォーム
 フォトサムネイル
 投稿動画
 mixi
 YouTube
 ニコニコ動画
RSS