アンパンマントロッコ 高松に戻る 

東日本大震災で被災した子供たちに笑顔を取り戻してもらおうとJR東日本・四国・貨物が共同で企画した「アンパンマントロッコにのろう!」、これに使用された車両が被災地での活動を終え、本日高松へ戻ってきました。

ツイッターで帰路の情報を集めていると、どうやら瀬戸大橋を渡るのは朝5時過ぎの模様。早起きして讃岐府中駅西側で待ってみました。
アンパンマントロッコ
待っているとキハ185が1両で下っていきました。多度津工場入場車両かな?

そして5時40分頃、EF65に牽かれるアンパンマントロッコの姿が!
アンパンマントロッコ
往路の出発便は見ることができなかったけど、大役を終えた雄姿を出迎えることができました。
アンパンマントロッコ
本来ならトロッコにアンパンマンの登場キャラクターが描かれていますが、回送で通過する地方の条例に合わせてマスキングしてこのような姿になっているのだとか。

約4ヶ月東北と関東で運行されましたが子供たちにはとても好評で、目的は達成できたようです。アンパンマンが子供たちに与えた力は大きいですね。


記事を参考にしたり興味を持たれた方はペンギンアイコンをクリックしてブログ管理人に拍手を送ってください!
管理人だけが読める秘密のコメントを投稿したい場合はアイコン下のテキストボックスに入力すると同時に送信されます。
今後の励みになりますのでよろしくお願いします!

「おつかれさま~」の「おかえり」ですよね^^
東北の子供達に元気をいっぱい届けられたようで良かったです^^
今度は、四国の子供達にも、その元気を分けてもらいたいものですよね。
それにしても・・・
キャラクター列車に条例があるだなんて~!
全く知りませんでしたよ^^;

>>1 源 さん

インターネットのニュースで現地で喜んでいる子供たちの画像がたくさん見られました。
アンパンマントロッコは十分に役目を果たしてきたものと思います

今週末からは夏の臨時列車として香川と岡山の間で運転が復活します。
仰られるとおり四国の子供たちも元気にしてほしいですね

東京都には車体に施すラッピングについての条例で、車体に対して何割以上の
ラッピングがあってはという規制があり、それに抵触するためこのような
ブサイクな姿になった帰ってきたようです。




 

 

現在の感情は?

 絵文字を使う クリックで絵文字を使用

  • サインインして投稿したコメントは即時公開されますが、サインインしない場合はスパム対策のため一旦保留とし、管理者の承認後に公開されます。
  • 英文のみの投稿やシステムがスパムと判断した内容は公開されません。また、管理者が不適切と判断したものは削除します。
  • タグは使用出来ません。
  • Gravatarによるアバター画像の表示に対応しています。
ブログパーツ
Recent Entries
Recent Comments
Categories
Monthly Archives
Ranking
Information
ツイッター
Facebookページへ
ブログの更新はツイッターフェイスブックページでお知らせしています。Windows8以降のライブタイルにも対応しています。
 プロフィールページ
 メールフォーム
 mixi
 YouTube
 ニコニコ動画
RSS